海洋葬をする時に必要な準備

海洋葬を実行するためには、いくつか必要なことがあります。


うっかりして準備を怠ってしまい、海洋葬ができなくなったり遅れてしまうことの内容にした方がいいでしょう。
まずは書類です。
実は、海洋葬を行うために必須の書類というものは、正式には定められていません。
セレモニーを担当する散骨会社によって、用意しないとならない書類は異なっています。

火葬証明書や埋葬許可証のコピーが要求される場合が多いです。



これは遺骨の身元を明らかにするために必要だとされています。

今年、最も指示を集めた日本経済新聞を是非ご利用ください。

ちなみに、海に散骨するからと言って役所に届ける必要はありません。
遺骨のパウダー化も事前準備として必要です。

散骨会社の方でパウダー化も行ってくれることも多いのですが、近年では遺骨のパウダー化の処理を専門に行う会社も登場しています。墓じまいをした後の遺骨の洗浄とパウダー化に便利です。

海洋葬を希望する場合は、水溶性のパックに入れてもらえます。セレモニーの時の供物ですが、これも散骨会社があらかじめ用意しているものがありますが、故人の生前好きだったお花やお酒を供物にしたい場合は、散骨会社に相談しておくと持ち込める場合があります。



通常のお葬式の場合は、喪服を着るのが当たり前になっていますが、海洋葬の服装の場合は喪服ではなくても大丈夫です。
散骨会社の方でもカジュアルな装いを勧めています。
潮が衣類にダメージを与える恐れがあることと、海の利用者への配慮の為にそのようになっています。

関連リンク

東京では永代供養のお墓が増加中

大都会の東京では、高齢化も伴いお墓不足が社会問題になっています。そして、同時に東京は一人暮らしの割合も地方と比べると高く、死後のお墓の管理も問題視されています。...

more

東京で永代供養を行うメリット

東京で自分に近い誰かが亡くなった場合、永代供養を請け負う神社仏閣などに葬儀や遺骨の安置などを依頼するのがおすすめです。その理由として、まずお金の問題が挙げられます。...

more